FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の感想こき下ろし「S.I.U. ロサンゼルス特捜隊」

ブログタイトル



*自作カスタムラベル(DVD用)です。

S.I.U. ロサンゼルス特捜隊

2013年 米
ジャンル:サスペンス・アクション

久しぶりに見たひどい映画としてメモしておく。
第一に何が言いたかったのかさっぱりわからん。

題名の特捜隊というのはロサンゼルスの対テロ特別捜査隊。
特捜隊のメンバーが銃の密売組織に潜入捜査して密売先のテロリストのアジトを突き止めてテロを未然に防ぐというのが大まかな流れ。
その中でこんなテロ相手にしているエキスパートなメンバー達にも色々家庭の事情があるんだよみたいな話も出てくるがこれがなかなか薄っぺらいw
途中まで人間模様に絞ったためか潜入捜査の効果がまるでない。証拠の一つもおさえられず挙句には容疑者を射殺。もう素人集団にしか見えない。
テロリスト=中東の人 という演出も製作者の偏見を感じて不快。

メインのはずのアクションシーンはまるでチープ。
テロリストがスクーターで逃げるシーンがあるがスローばっかりで全然迫力がない。
ようやく最後らへんにテロ組織(?)との銃撃戦があるが見せ場のはずのここでもスローを多用。緊迫感がまったくない。まるでホームビデオを見ているよう。

きわめつけはラスト。
なぜ非番の彼は銃を持って出て行ったのか?
色々考えましたが無理やり終わらせた?としか・・
もう一回観ればわかるかな?
けど正直もうみたくありませんww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。